2017年12月12日

荒崎フィールドワーク



荒崎フィールドワーク
エコツアーガイド研修『地元の資源を知る』

主催;横須賀エコツアーサポート協会

海岸清掃の後に行いました!


元横須賀市自然・人文博物館 館長の 林先生を講師にお迎えして、
荒崎公園エントランス広場で全体説明
01DSC01191.jpg


広場周辺の植物についてレクチャーの後、


城山下の海岸に出たら、やっぱり富士山がきれいでした♪
01DSC01251.jpg






荒崎の地質は、柔らかい砂岩・泥岩等と、固い凝灰岩の層が交互に積み重なっていますが、

これは、
01DSC01264.jpg
一見アスファルトみたいに見えますが、火山性の凝灰岩です。









これはサンゴのかけら。
繊細な構造ですね。この辺りはサンゴの北限に近いそうです。
そういえばハマオモト(ハマユウ)は佐島が北限ですね。
01DSC01277.jpg











ちょうど、どんどん引きに陽の光がさしてきました。
01DSC01289.jpg









モグラが掘った、盛り土
01DSC01294.jpg
土のてっぺんからポコッとモグラが顔を出してくれたら楽しいですね♪








ソテツについての解説
01DSC01300.jpg









ハチジョウススキに日が映えて
01DSC01309.jpg
奥に見える手すりは『どんどんびき展望台』









この切通しを抜けると、眼前に広がる荒崎海岸と相模湾!
01DSC01312.jpg










崖の地層には、断層が見えます。
上下の層は整合なので、地すべり断層ではないかと。
01DSC01313.jpg









荒崎の地質などについての解説。
01DSC01330.jpg







振り返れば『弁天島』
岩に砕ける波も荒崎海岸のシンボルですね〜♪
01DSC01336.jpg









この凸凹は、岩に穴をあけるカモメガイやニオガイなどの穿孔貝(boring shell)が開けた穴が浸食されてできたもの。
01DSC01332.jpg







地元にいても知らないことって沢山ありますね〜♪
特に専門的なことは、やはり専門家の先生に教えていただくのが一番です。
本当にたくさんのことを教えていただきまして、
林先生、ありがとうございました!
01DSC01344.jpg
熱心にメモを取るWAFAメンバー







上空ではトンビさんも、首を傾げて見ていました。
01DSC09851.jpg



というわけで、荒崎フィールドワーク
とっても有意義な講義をしていただき、ありがとうございました。

拙ブログ記事ではとても全体を紹介しきれない濃〜い内容でしたから。
というかネタバレになっちゃいますからね f(^^;)

WAFAメンバーもエコツアーに向けてスキルアップ!

横須賀エコツアー 長井・荒崎フィールド

次回をお楽しみに〜 ♪ (^^)/

posted by ワッファ! at 20:59| Comment(0) | 長井・荒崎エコツアー

2017年12月08日

長井の季節暦 発表会




長井の地域振興策の一環として、横須賀市・文教大学・長井の有志が協力するプロジェクト、
文教大学の教授先生とゼミの学生さんが作成してくれていた『長井の季節暦』が出来ました!
\(^o^)/

歩いて実際の長井に触れてもらったり、長井住民からの聞き取り調査などを経て、長井コミセンで発表会が行われました。





みんなで季節暦のタイトルを考えます。

あ〜じゃねこ〜じゃねと色々なアイデアをホワイトボードに書き出してゆきます。
01DSC01080.jpg




そして、遂にタイトル 決定!



名付けて!





おいでーこん!ヨコスカ西の港町 なげぇ・荒崎 暦

01DSC01084.jpg



『おいでーこん』は、来てくださいという意味の『おいで』と『でーこん(名産品である大根の長井弁)』をつなげた言葉。

そして長井弁では、長井のことを『なげぇ』と呼びます。

『農業と漁業が盛んな横須賀西の長井では一年の間にこんなに面白いことや美味しいものが沢山あるから、みんなで長井と荒崎に、おいでよ!』
という気持ちが込められたタイトルです。

WAFAとしても、踏査に同行、情報提供者を募り、写真を提供、という形で協力させていただきました。





長井の季節暦
『おいでーこん!ヨコスカ西の港町 なげぇ・荒崎 暦』
01DSC01086.jpg


景色・自然・祭・農業・漁業・食・遊び、長井の代表的な七つの要素が、1月から12月までの時間・季節の移ろいのなかで、どのように変化してゆくかが一目で分かるようになっています。






タイトルが決まったところで、項目と時間軸にズレが無いか?項目の名前は標準語か長井弁が良いか?追加項目があるだろうか?

みんなで最終チェックしました。
01DSC01093.jpg



これから、最終稿・印刷を経て、横須賀市内のJAや公共施設などに貼り出されることになると思いますので、

お楽しみに〜 ♪ (^^)/

_
posted by ワッファ! at 22:51| Comment(0) | 長井・荒崎エコツアー

2017年12月04日

大根ほり体験 横須賀エコツアー



横須賀エコツアー 長井・荒崎フィールド

第2弾として

『大根ほり体験ツアー』 農家の仕事をちょっとお手伝いしてみよう!

12月3日(日)に開催しました
\(^o^)/


素晴らしいお天気に恵まれて、
一面の畑が広がる、横須賀西地区の長井で
01DSC08032.jpg








参加者の皆さん、10組の御家族・30名様がJAよこすか葉山 長井支店に集まってくれました。
WAFA会長の挨拶、JAよこすか葉山 長井支店長さん、すかなごっそ店長さんのお話。
01DSC00592.jpg






JAよこすか葉山 長井支店集荷場を出発して
01DSC00594.jpg






近くにある農産物直売所『すかなごっそ』に到着
01DSC00601.jpg








『すかなごっそ』店長さんから、長井の農業と農産物直売についてのお話。
01DSC00611b.jpg
神奈川県内の農産物直売所で、第3位の売り場面積で第1位の売り上げを上げる『すかなごっそ』
平成26年度来場者数が、あの『ポートマーケット』より多かったという実績です。






今回は特別に、バックヤードを見学させていただきました。
といっても、食品を扱う場所ですから、もちろん速やかに通り抜けて店内へ。
01DSC00620.jpg



売り場内は一応『撮影禁止』となっておりますので (^^;)
ちゃんと規則は守ります。

『すかなごっそ』は、横須賀の『すか』、野菜や総菜の『な』、御馳走の『ごっそ』を組み合わせた名前です。
詳しくは、↓こちら↓すかなごっそWebサイトをご覧ください。







そしてお楽しみ♪
横須賀唯一の酪農家・関口牧場のソフトクリーム試食会 \(^o^)/
01DSC00630.jpg






長井町漁協の直売店『すかなごっそ さかな館』の横でソフトクリーム♪
長井のエコを体験するということは、美味しいことなんですね〜(^^)b
01DSC00647.jpg
はい、もちろん『漁師のお仕事ちょっと体験ツアー』も考えてますよ〜♪





さあ!
長井の田園地帯のど真ん中を目指して歩きます。
01DSC00658.jpg







広〜い畑の真ん中で、今はほとんど大根と春キャベツです。
01DSC00665.jpg







支店長さん、解説しながらムーンウォークで盛り上げてくれます!
ノリノリ〜♪ お天気も最高!
01DSC00679.jpg






こちらは苗床。
大根は畑に種を直播しますが、キャベツは苗床で育ててから畑に移植するそうです。
01DSC00694.jpg








大根ほりをする農家さんの畑に近づいてきました。もう一息歩け〜♪
01DSC00698.jpg







納屋の前で、農家さんから大根栽培のお話。
畑に種をまく播種機のことも分かりやすく説明してくれました。
01DSC00709b.jpg





辺り一面大根畑
01DSC00719.jpg







掘ってくれよと言わんばかりにダイコンさんもお待ちかね♪
01DSC00757.jpg







いよいよ『大根ほり体験』始まりです♪
01DSC00730.jpg







広い畑の真ん中で大根ほり!
01DSC00748.jpg




普段何気なく食べている大根が、畑で土の中にいる姿を見て、大根を育てる話を聞いて、自分の手で力いっぱい引っこ抜いて、子供たちにとって本当に良い体験になったと思います。


大根を収穫することを、長井弁では『でーここいで』と言います(^^)b

『でーこ こいで おしぃ こせたら んめろと こてらいなかったお〜』
(大根を採って味噌汁作ったら、とっても美味しかったよ〜)




立派な大根が採れました!
01DSC00734.jpg







もちろん採った大根は、お持ち帰り〜♪
01DSC00763.jpg







そして農家さんからのサプライズ!

花オクラ(トロロアオイ)の種をいただきました♪
01DSC00775.jpg

普通の園芸店とかでは手に入りにくいと思います。
実ではなくて花を食べるオクラなので、来年の春に種を蒔く楽しみができましたね♪


トロロアオイといえば和紙の原料。蕎麦のツナギに使うのは聞いたことがありましたが、花が食べられるのは、初めて知りました f(^^;)



みんなで農家さんにお礼を言って、

キャベツ畑に囲まれたJAよこすか葉山 長井支店にもどってきました、
01DSC00793.jpg





そして、『春キャベツスープ』の試食♪
01DSC00811b.jpg



支店長さん自家製の春キャベツスープ、
とろけそうなタマネギの甘味とベーコンの風味に、柔らかい春キャベツ!
シンプルな味付けだからこそ美味しい『長井の春キャベツスープ』


01DSC00807.jpg

自らよそってくれるスープには、支店長さんの野菜に対する愛情を感じました。
本当に美味しかった!


ていうか、長井の体験エコツアーって、こんなに美味しくて良いんですか?
って、なんか嬉しくなっちゃいましたねホントに p(^o^)q



しかし!

それだけでは終わらない!

サプライズがもうひとつ!

01DSC00841.jpg



袋の中身は、、、

正に今味わったあの、春キャベツ
01DSC00842.jpg




もう、致せりつくせりで、m(_ _)m


ありがとうございます!




ということで、

横須賀エコツアー 長井・荒崎フィールド
『大根ほり体験ツアー』 農家の仕事をちょっと体験してみよう!

満場の拍手でお開きとなりました!
01DSC00849.jpg


本当に美味しい、、、いや、中身の濃い体験ツアーでした。
JAよこすか葉山 長井支店長さん、すかなごっそ店長さん、農家の龍崎さん、御協力いただきまして、ありがとうございました!


参加者の皆さんには、長井の農業と農家のお仕事、楽しく学んで体験していただけましたでしょうか?

いただけましたよね(^^)v

ぜひまた長井に遊びに来てくださいね♪

皆さんと長井で会える日を、WAFA一同楽しみにしています!


横須賀エコツアー 長井・荒崎フィールド
次回も、楽しく学んで体験してもらえるツアーを企画したいと思いますので、
お楽しみに〜 ♪ (^^)/



横須賀エコツアーに関しては↓こちら↓のWebサイトをご覧ください



_
タグ:長井
posted by ワッファ! at 23:45| Comment(2) | 長井・荒崎エコツアー

2017年11月14日

横須賀エコツアー【農家のお仕事体験】定員御礼!



横須賀エコツアー 長井・荒崎フィールド として

『農家の仕事をちょっと体験してみよう!』

12月3日(日)に開催

01長井エコツアー-1c.jpg


11月13日(月)から、ソレイユの丘 「エコツアー募集デスク」で受け付け開始したところ、

2日目、早くも本日定員30名様となり、

受付を締め切らせていただきました。


本当に大勢の皆様から、早速のお申し込みをいただきまして、まことにありがとうございました!
m(_ _)m


エコツアーガイドとして未熟ながらWAFAメンバー努めさせていただきますので、
よろしくお願いいたします。
m(_ _)m


JAよこすか葉山 長井支店 の皆さんと農家さんのご指導で、
楽しく学んで体験 ♪ しましょうね〜 (^^)/

_
posted by ワッファ! at 22:38| Comment(0) | 長井・荒崎エコツアー

2017年07月23日

【 横須賀エコツアー 】 長井・荒崎フィールドでは初開催 



潮だまりはミニ水族館!! 〜 プロも行う海洋調査を体験しよう 〜

をコンセプトにした磯の観察会。
長井・荒崎フィールドでは初の開催となりました。

【横須賀エコツアー】って何?
こちらのWebサイトをご覧ください。


中央水産研究所の皆さんにご協力いただき、WAFAメンバーがエコツアーガイドを務める磯の観察会。



出発地となる『ソレイユの丘』に集合
今回は参加者の皆さん、定員20名とさせていただきました。
01DSC08141.jpg
ソレイユの丘で電話受付開始から1時間半で定員に達したそうで、横須賀エコツアーの人気の高さを実感しました。





ここから荒崎海岸まで歩いていきます。


途中にある、長井ではおなじみの『荒井の道切り』
01DSC08148.jpg
稲藁で作った刀・草鞋・蛇、木製のさいころを吊るしたしめ縄を里境に張って、疫病や魔性のものなどの災厄が里に入ることを防ぐ呪術習俗です。三浦半島では長井の荒井地区だけに伝承されており、横須賀市の重要民俗文化財に指定されています。


はい、J:COMさんが取材に来てくれました♪
放映は、7月26日18:50から。ぜひご覧ください!





ソレイユの丘からゆっくり歩いて20分ほどで、荒崎海岸なんやの浜に到着です♪
01DSC08154.jpg
なんやの浜では、海水浴、バーベキューなどを楽しむ人で賑わっていました。
曇り空ですが、潮風が心地よく感じる、丁度良い陽気です。




(国立研究開発法人)水産研究・教育機構 中央水産研究所 横須賀庁舎
こちらの皆さんより御協力を得て、高度な専門家から磯の生物のことを教えていただきます。
〜プロも行う海洋調査を体験しよう〜

先ずは、磯に出る上での注意点、荒崎の生物全般、危険性のある生物の特徴、などを説明していただきました。
01DSC08163.jpg

その後、ライフジャケット・バケツ・磯眼鏡などを貸していただきました。






そしていよいよ研究所奥の磯へ出て、潮だまりの観察会
01DSC08173.jpg





大きく潮が引いて、あちこちに潮だまりができています。
01DSC08188.jpg






曇り空ですが、亀城根(かめぎね)灯台の向こうに富士山がうっすら見えています♪
01DSC08229.jpg








磯遊びにはちょうど良い陽気で、潮風が心地よく感じられます。
01DSC08197.jpg





捕まえた磯の生物を水槽に入れて観察♪

01DSC08212.jpg





カニも色々な種類がいます。
01DSC08214.jpg







専門家のお話に参加者の皆さん興味津々です。

01DSC08218.jpg
子供の頃から荒崎の磯で遊んで育ったWAFAメンバーも童心に返ってましたね〜 f(^^)

そして捕まえた生物はすべて潮だまりに返しました。エコツアーの基本『生き物は持ち込まない。持ち出さない』です(^^)b


磯の観察会の後は研究所に戻って、なんと!普段は入れない飼育水槽まで見せていただきました♪生育中のウナギやトコブシなどがいて、貴重な体験ができました。


ということで、普通の磯遊びや観察会とは一味違う

潮だまりはミニ水族館!! 〜プロも行う海洋調査を体験しよう〜

横須賀エコツアー、参加者の皆さんには楽しんでいただけましたでしょうか♪


次回はフィールドを海から丘に移して
秋冬野菜の農業体験をテーマに企画しておりますので、

お楽しみに〜♪ (^^)/

_
posted by ワッファ! at 22:48| Comment(0) | 長井・荒崎エコツアー