2018年01月26日

プレゼンテーション動画 【 横須賀市の災害時医療救護所 】 地震・津波への備え



今私たちにできること480.jpg


 現在の横須賀市に於いて、大震災が起きた時に開設される地域医療救護所や備蓄医薬品保管所の多くが津波浸水想定域に設定されています。津波警報が出ると地域医療救護所9カ所のうち7カ所は開設できなくなります。その開設の仕組みも、複雑で不確定要素が多く、津波警報が出なくても開設に時間がかかり、一部しか機能しないことが予想されます。

 将来、起きることが予想されている南海〜相模トラフ大地震などの大震災が発生し津波が押し寄せた時に、横須賀で暮らす市民は、どこで怪我の治療をうけられるのでしょうか? 下の動画を御覧になって、横須賀市の災害時医療体制の実態を知ったうえで、ご自身の命を守ってください。


過去の大震災から得られた教訓を、活かさなければなりません。
津波にのまれて命を失った大勢の方々の無念さに想いを致す時、
地震対策・津波対策こそ『今私たちにできること』であると考えます。



YouTubeのプレゼンテーション動画(最初の3分で概要が分かります)
【初版】横須賀市の医療救護所(現在の問題点)地震・津波への備え
↓クリックするとYouTube動画が開きます↓
yokosuka kyugosyo 480.jpg
(2018年1月24日に公開)





↓クリックするとPDFファイルが開きます↓
YokosukaEMbana480.jpg
(2017年 3月 11日 改訂版に更新しました。)




2016年3月11日掲載  地域の未来を考える会 WAFA(ワッファ) 
(2018年 1月 25日改訂)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以上、WAFAのWebサイトから引用した投稿記事です。

_

タグ:動画 防災
posted by ワッファ! at 14:25| Comment(0) | 横須賀
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。