2017年12月12日

荒崎フィールドワーク



荒崎フィールドワーク
エコツアーガイド研修『地元の資源を知る』

主催;横須賀エコツアーサポート協会

海岸清掃の後に行いました!


元横須賀市自然・人文博物館 館長の 林先生を講師にお迎えして、
荒崎公園エントランス広場で全体説明
01DSC01191.jpg


広場周辺の植物についてレクチャーの後、


城山下の海岸に出たら、やっぱり富士山がきれいでした♪
01DSC01251.jpg






荒崎の地質は、柔らかい砂岩・泥岩等と、固い凝灰岩の層が交互に積み重なっていますが、

これは、
01DSC01264.jpg
一見アスファルトみたいに見えますが、火山性の凝灰岩です。









これはサンゴのかけら。
繊細な構造ですね。この辺りはサンゴの北限に近いそうです。
そういえばハマオモト(ハマユウ)は佐島が北限ですね。
01DSC01277.jpg











ちょうど、どんどん引きに陽の光がさしてきました。
01DSC01289.jpg









モグラが掘った、盛り土
01DSC01294.jpg
土のてっぺんからポコッとモグラが顔を出してくれたら楽しいですね♪








ソテツについての解説
01DSC01300.jpg









ハチジョウススキに日が映えて
01DSC01309.jpg
奥に見える手すりは『どんどんびき展望台』









この切通しを抜けると、眼前に広がる荒崎海岸と相模湾!
01DSC01312.jpg










崖の地層には、断層が見えます。
上下の層は整合なので、地すべり断層ではないかと。
01DSC01313.jpg









荒崎の地質などについての解説。
01DSC01330.jpg







振り返れば『弁天島』
岩に砕ける波も荒崎海岸のシンボルですね〜♪
01DSC01336.jpg









この凸凹は、岩に穴をあけるカモメガイやニオガイなどの穿孔貝(boring shell)が開けた穴が浸食されてできたもの。
01DSC01332.jpg







地元にいても知らないことって沢山ありますね〜♪
特に専門的なことは、やはり専門家の先生に教えていただくのが一番です。
本当にたくさんのことを教えていただきまして、
林先生、ありがとうございました!
01DSC01344.jpg
熱心にメモを取るWAFAメンバー







上空ではトンビさんも、首を傾げて見ていました。
01DSC09851.jpg



というわけで、荒崎フィールドワーク
とっても有意義な講義をしていただき、ありがとうございました。

拙ブログ記事ではとても全体を紹介しきれない濃〜い内容でしたから。
というかネタバレになっちゃいますからね f(^^;)

WAFAメンバーもエコツアーに向けてスキルアップ!

横須賀エコツアー 長井・荒崎フィールド

次回をお楽しみに〜 ♪ (^^)/

posted by ワッファ! at 20:59| Comment(0) | 長井・荒崎エコツアー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。