2017年07月23日

【 横須賀エコツアー 】 長井・荒崎フィールドでは初開催 



潮だまりはミニ水族館!! 〜 プロも行う海洋調査を体験しよう 〜

をコンセプトにした磯の観察会。
長井・荒崎フィールドでは初の開催となりました。

【横須賀エコツアー】って何?
こちらのWebサイトをご覧ください。


中央水産研究所の皆さんにご協力いただき、WAFAメンバーがエコツアーガイドを務める磯の観察会。



出発地となる『ソレイユの丘』に集合
今回は参加者の皆さん、定員20名とさせていただきました。
01DSC08141.jpg
ソレイユの丘で電話受付開始から1時間半で定員に達したそうで、横須賀エコツアーの人気の高さを実感しました。





ここから荒崎海岸まで歩いていきます。


途中にある、長井ではおなじみの『荒井の道切り』
01DSC08148.jpg
稲藁で作った刀・草鞋・蛇、木製のさいころを吊るしたしめ縄を里境に張って、疫病や魔性のものなどの災厄が里に入ることを防ぐ呪術習俗です。三浦半島では長井の荒井地区だけに伝承されており、横須賀市の重要民俗文化財に指定されています。


はい、J:COMさんが取材に来てくれました♪
放映は、7月26日18:50から。ぜひご覧ください!





ソレイユの丘からゆっくり歩いて20分ほどで、荒崎海岸なんやの浜に到着です♪
01DSC08154.jpg
なんやの浜では、海水浴、バーベキューなどを楽しむ人で賑わっていました。
曇り空ですが、潮風が心地よく感じる、丁度良い陽気です。




(国立研究開発法人)水産研究・教育機構 中央水産研究所 横須賀庁舎
こちらの皆さんより御協力を得て、高度な専門家から磯の生物のことを教えていただきます。
〜プロも行う海洋調査を体験しよう〜

先ずは、磯に出る上での注意点、荒崎の生物全般、危険性のある生物の特徴、などを説明していただきました。
01DSC08163.jpg

その後、ライフジャケット・バケツ・磯眼鏡などを貸していただきました。






そしていよいよ研究所奥の磯へ出て、潮だまりの観察会
01DSC08173.jpg





大きく潮が引いて、あちこちに潮だまりができています。
01DSC08188.jpg






曇り空ですが、亀城根(かめぎね)灯台の向こうに富士山がうっすら見えています♪
01DSC08229.jpg








磯遊びにはちょうど良い陽気で、潮風が心地よく感じられます。
01DSC08197.jpg





捕まえた磯の生物を水槽に入れて観察♪

01DSC08212.jpg





カニも色々な種類がいます。
01DSC08214.jpg







専門家のお話に参加者の皆さん興味津々です。

01DSC08218.jpg
子供の頃から荒崎の磯で遊んで育ったWAFAメンバーも童心に返ってましたね〜 f(^^)

そして捕まえた生物はすべて潮だまりに返しました。エコツアーの基本『生き物は持ち込まない。持ち出さない』です(^^)b


磯の観察会の後は研究所に戻って、なんと!普段は入れない飼育水槽まで見せていただきました♪生育中のウナギやトコブシなどがいて、貴重な体験ができました。


ということで、普通の磯遊びや観察会とは一味違う

潮だまりはミニ水族館!! 〜プロも行う海洋調査を体験しよう〜

横須賀エコツアー、参加者の皆さんには楽しんでいただけましたでしょうか♪


次回はフィールドを海から丘に移して
秋冬野菜の農業体験をテーマに企画しておりますので、

お楽しみに〜♪ (^^)/

_
posted by ワッファ! at 22:48| Comment(0) | 長井・荒崎エコツアー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。